FC2ブログ

日々の徒然遙かぶろぐ

色んな記事が混ざってるので読みたい記事はカテゴリからどうぞ

夢浮橋プレイ。67

望美神子による双璧イベントの二組目。
先生と九郎さん。
そうか、師弟コンビか。
玄武繋がり以外では接点ありそうなのは
九郎さんくらいか・・・(寂しい

白龍の剣が空から降ってきたのを見た望美は、
急いで落下場所へ探しに行く。
南斗宮の外に出てしまうが「少しなら…」と探索。
その時、何かに呪縛され身動きの取れなくなった望美を
先生と九郎が危うく助け出す。
先生が言うには、剣が見えたのは北斗様が作った幻で、
剣を欲しがった望美の心の隙を突いたものだったらしい。
一人で行動したことを先生と九郎に注意されて、
しょんぼりする望美。
徒手空拳であろうと身を守る術はある
と言って、九郎と一緒に稽古をつけてくれることになった。
空手とか格闘技でも教えてくれるのか?
合気道とか?
っていう発想しかできない私は・・・。
どちらにしろ怨霊相手じゃ全く歯が立たないな。

ラブラブ的な甘さがない二人。
完全に師弟。
完全に兄弟弟子。
恋愛ゲーム、しかもファンディスクに「燃え」は要らない。
まぁ・・・この二人じゃね・・・。
諦めつつも欲しいと思ってしまう。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。66

望美神子の八葉による、双璧!

1組目。
将臣と譲。
おお、有川兄弟か。
天界の様子を、「中華街とテーマパークを足して
二で割ったみたいだ」という将臣。
微妙すぎるんだが・・・。
ましな例えは無いのかと苦情を言う譲。
将臣がいうには「夢の国」ということだが。
それを聞いた望美が、どうせ夢なら…と言うと
現代に帰りたかった…か?
後を続けた言葉が、兄弟でハモったよ!
文字とは若干言葉尻が違ったけど。
それは聴いた人だけのお楽しみかな。
ハモった二人はやや嫌そうな表情。
現代で何かしたかったことがあるのか尋ねる譲に、
くりすますぱーてー♪
選択肢4つのうち、ここは敢えてクリスマスパーティー。
お前…まだパーティーし足りなかったのか?
ぎょっとする将臣。
いっぱい食べたけど遊び足りないってことだよ!
将臣の驚き方は、まるで「食べ足りないのか?」とでも
言っているかのようだよ!
失礼な。
美味しいものはいくらでも食べたほうが良いだけだ
譲の料理が美味しいという流れに。
「料理の腕はけっこうある」と捻くれた褒め方をする将臣に
「兄さんにないだけだ」と皮肉る譲。
兄弟だなぁ。
こういう負けず嫌いな軽いやり取りが好きだ。
でも望美の餌付けはけっこう有効だと思う。

あれ、将臣は意外に出不精らしい。
ダイビングの話とかあったし、南の島大好きっぽいから
外出も大好きなんだと思ってた。
譲は「何でもないようなことが幸せだったと思う」的な
ことを言ってた。
もう脳内で虎舞竜が・・・。
そして、まずは天界からの脱出を改めて決意。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

ぽよぽよ!

ポヨポヨ日記の最新刊、7巻にぬいぐるみが付いた。
わぁい。
かわゆいね。

こんな可愛い箱に入ってたよ。
色んな恰好のポヨがいっぱい描いてある。
「あれ、サイズ的に10cm前後って記憶してたけど、
 何でコミックと同じサイズの箱??」
って思った。
超☆上げ底♪
×の形に組んだダンボールで上げ底してた。
箱がでかいわ・・・。
大きさは箱の半分程度しかない。

私のポヨは色が薄いんだよね。
見本写真のポヨはオレンジっぽい色をしてるけど、
肌色に近い・・・かな?

でもかわゆすぎてビニールから出せないんで、
もう1個欲しいなぁって狙ってたりする。
1個しかないのにモフッてたらボロボロになっちゃうし。
キーチェーン(ボールチェーン)が付いてるよ。
これは携帯ストラップにしろということ?
某白いおとうさんのジャンボストラップのように?

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。65

九郎さんの後押しイベント。
北の東屋。

天界に来てから剣に触ってないとぼやく望美が
暇そうなことに気づいて剣の鍛錬に誘ってくる九郎。
お誘いに乗り気になったところで、
勝真が「二人で出かける算段をつけたか」とにやり。
天真は「稽古ってのは微妙だ」とダメ出ししつつも
頑張れと応援してくる。
二人の様子に、さっぱり意味の判らない九郎。
お前たちも一緒に来ればいいとか言い出す始末。
…天然か?
と天真がつぶやく。
私も常々ダメ出ししてることを代弁してくれてありがとう。
勝真は二人で行ってこいと送り出そうとしてるのに、
九郎は完全に手合わせのほうに意識が向いちゃってる。
天真と勝真にダメ出しされて切れる九郎。
勝真は何度も穏やかに「二人で行ってこい」と言うけど
天真が・・・
 一回ガツンと言わないと
 わからない女ってのはいるもんなんだぜ…!
うはは。
あかねちゃんのことを言ってるの?
実感の篭った言葉に戸惑う九郎。
更に追い討ちで「ぼやぼやしてると望美に逃げられるぞ」
だって。
おいおいおいおい。
九郎さんはとってもうぶなんだから許してあげてー。
…たるんでいるぞ
その性根
たたき直してくれる!

「修行が足りない」と剣を向ける九郎に、からかいすぎたと
焦る二人組。
勝真は自分の武器は弓だから、と手加減を期待するが
――問答無用!
本気を感じ、散り散りに逃走。
卑怯だと怒鳴りながら追いかけていく九郎。
九郎さんは修行が足りないな。
ニヤニヤ。
二人のからかいに動揺して怒り狂ってるようじゃあ、
心の修行のほうはまだまだみたい。
でも、そこがからかい甲斐があって楽しいんだろうね。
後に残された望美は「地の青龍は仲良しだな」と
にっこり笑って呟くのであった。

これで全員のイベント終了かな?
って思ったら、まだ双璧があったのね。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

だるい・・・

毎日、湿度が高くてだるい。
朝は汗だくで目覚める。
昼はぬるい空気の中でぐだぐだ。
風が吹かない。
外は体感的に猛暑。
汗だくの中、エアコンを点ける。
汗をかいた服が・・・つめたい。
汗をかいた肌も冷たくなる。
でも暑くてしょうがないよ。
夕方になって気温が下がってくる。
相対的に湿度は上昇。
日中でさえ不快なのに。
たまにワンコがまとわりついてくる。
抱っこすると・・・汗でいたるところに毛が付く。
顔が毛だらけでかゆい。

何をしても体がだるい。
そりゃ、だるくなることをしてる自覚はある。
冷たいものしか食べない・飲まないとか。
エアコン前に陣取るとか。
汗だくで熱中症で倒れるよりいいと思うの。

もう夏なんて無くていいよ!

テーマ:(o´Д`)ハァ。。 - ジャンル:日記

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。64

将臣の後押しイベント発見。
北の小門。

ちょっと疲れたから休憩しようと提案する望美に、
最近は、雑草並みにたくましくなったと
思ってたんだがな

と、失礼な台詞でやわになったと笑い飛ばされる。
酷すぎるわ・・・。
え、好きな相手だよね?
「完全に相手が眼中にない幼なじみ」の台詞・・・。
まったく、好きな子にいかんぞ。
さすがに望美も怒ったが、そこに頼久と頼忠が現れ、
神子を大事にするよう注意し始める。
ステレオで説教かよ
望美が、一緒に育った仲だから、とフォロー。
それでもなお、然るべき態度と然るべき物言いを、
説教が続く。
それがどういう態度と物言いなのか判らないため、
将臣は二人に聞いてみると、
頼久と頼忠が、それぞれ決め台詞をびしっ!と。
将臣、反発する。
そりゃあ言いたくないよなぁ。
よく判る、よく判るよ。
そう思いつつも、選択肢で「試しに言ってみて」を
選んでみたら・・・絆が下がった・・・。
新しい自分に出会うんだ!
ゴー!だ。
そんな自分に会いたくないとぼやきながらも、
お試しで言ってみることになった。
この将臣、一身をなげうって、
神子殿にお仕えする所存です
片時も離れず、おそばでお仕えいたします
私の忠誠をあなたに

うひー!
も、もえ・・・!っていうより笑っちゃった?
声が欲しかった・・・!
何で声が付いてないんだ!
棒読みなのか、しっかり心を込めて言ってるのか、
気になるじゃないか。
望美は赤くなりながらも、似合ってないと断言。
赤くなったのは、照れているのか?
普段は言わない人が言うから。
頼久は「不向きどころではない」と言うし、
頼忠は「気の毒なくらい似合わない」と。
笑い死ぬじゃないか・・・!
腹筋が割れちゃうよ。
…ステレオでだめ出しかよ
将臣がへこんでいる・・・。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

ピールうまぁ♪

最近、柑橘系はちみつ漬けのピールを発見した。

壮関っていうところの「甘夏」っていう商品。
愛媛産の甘夏。
(夜に写真撮ったから、色が・・・)
おいすぃ~の。
元々ピール漬けは大好き。
こういう商品があればいいなぁと思ってた。
美味しいよ。大好きだよ。
でも一度に数切れしか食べられない。
初めて食べたときにじゃんじゃん食べたら、
舌がびりびり痺れまくってさ。
注意書きを見たら、
甘夏の苦味成分によるものです
だって。
美味しいだけに口惜しい。
ああ・・・痺れる・・・。

試し買いした1袋をゆっくりと食べ尽くしたんで、
再び買いに行った。
ツルハ!
今度は「ゆずのまんま」という商品を発見した。
藤井食品というところで作っているようだ。
(食べ尽くして袋は捨てちゃった)
他にも類似品が色んなところで出てるみたい。
どこの商品が美味しいのか食べ比べしたいわ。
ゆず大好きな私はさっそく購入。
上記の甘夏は2つ、ゆずは試し買いの1つ。
ゆずは舌が痺れないからどんどん食べれちゃう。
でも香りがいいから少量でいっぱい食べた感じ?
1袋に入ってる量は少ないけど長持ちした。

どっちも美味かった!
甘夏が無くなったらまた買いに行こう。

テーマ:果物・フルーツ - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。63

小箱3の、将臣の追加イベント発見。
東の東屋。

将臣も星の一族の子孫なのだから、何かそれらしい
力は無いのかわくわくしながら尋ねる望美に、
「ねぇよ」とそっけなく答える。
望美は更に食い下がるが、そんな力を使ったところを
見たことがあるのかと否定的。
突然目覚めたら話がうますぎるとやはりそっけない。
今まで何にも情報ないもんね。
譲のほうは夢の話が出るけど。
期待していた望美ががっかりしていると、
「携帯の方が便利」だとクールなお返事。
そりゃ、携帯は便利ですけども・・・!
私はやってないけど、登録してるとDLアイテムが
色々もらえるらしいし。
そのとき、将臣が怨霊の気配を察知。
すぐさま一刀両断する。
よく気づいたねと感心する望美に、将臣は心底不思議そう。
空気が変わっただろ・・・って、ねぇ?
将臣の勘の鋭さを、前々から感じていた望美。
誰でも気づくと取り合わないが、将臣だけだと重ねて言うと
流石に悪い気はしないのか、そういうことにしといてやると
余裕の答え。
確かに、感覚みてぇなものだしな
状況を瞬時に把握できるおかげで何度も命拾いした、と
軽く笑う。
望美はそれを、星の一族の力じゃないかと推測するも、
勘がよくて良かったと言って笑う。
それには不満そうに全部勘任せなわけじゃないと
反論するも、望美の笑みに軽くあしらわれる。
将臣に星の一族の力が・・・!
何か、それこそガラじゃない感じがするよ。
有川兄弟は力を受け継いでたんだなぁ。
親は・・・父親?母親?は、何か持ってるんだろうか?

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。62

3神子による、小箱3の回収は終了した。
ってことで、青龍コンビの追加イベント探し。

九郎さん発見。
東の高殿で追加イベント。
夕暮れの景色の中、天界に来てからどのくらいの
時間が経ったのか気にする九郎と望美。
望美が「早く帰って白龍を安心させたい」と願うと、
九郎は「きっと心配して泣いている」って言ってくれちゃって。
もっとオブラートに包んで言ってくれていいよ!
もっと慰めてくれてもいいよ!
思ったことは何でも直接的な言葉で言っちゃうんだもん。
変化球な言葉は使うどころか使われても理解してないに
違いないんだ・・・。
きっと弁慶さんに様々なところでそれとなく注意を
受けまくってるに違いないのに、全然判ってないんだ。
聞いたほうもしょんぼりしちゃうじゃん。
望美が、京に帰ったら蜂蜜プリンを作ってあげなきゃ、と
決心すると、九郎が感心した。
お前も作れるとは知らなかったぞ
譲に教えてもらうと白状すると、九郎は笑いながら
譲が全て作っている光景が目に浮かぶぞ
・・・・・・・・よく判っていらっしゃる!
さすが許嫁。
望美は料理をするのか?という素朴な疑問に、
何か作ろうとすると止められる、と残念そうに答える。
有川兄弟が必死になって止める、その理由が
さっぱり判らない九郎。
望美も、自分から進んで言うような理由じゃないから、
判らないふりをする。
九郎さんのその鈍感さが愛しいわ!
貴族社会では絶対に生き残れないよね。
和歌が苦手とかいう次元じゃない。
京では、朔と譲に料理を任せっきりだと言う望美に、
夢から覚めたら料理をしてみることを提案する九郎。
作ったら食べてくれるのか確認する望美に
ああ、もちろんだ
お前の手料理、期待している

勇気あるな。
まぁ、単に判ってないからなんだけど。
食べたときが想像できるみたいで笑っちゃったよ。
美味しいものが出来るのを期待しているであろう九郎さんに
残さず食べてくださいと約束する望美。
うーむ。
無理に決まってる。
食べる前に自分で止めさせたほうがいいよ!
有川兄弟が必死に止めるってことは、それだけ・・・っていう
ことなんだろうし。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

今日のマリデザF1は酷すぎる。

エリザベス周辺の敵を排除しても排除しても、
10分後にはめっちゃ囲まれてる。
夜の0時過ぎに、コインを取りに行った。
恐怖のキャノンシェル
排除しても近くに即沸き。
若葉マークのキャラなんて逃げ惑うことしかできない。
思わず「怖すぎる」とつぶやいた。
私はプレイしながら恐怖で笑い転げてた。
その時間は、壁放置プレイヤーの方々がいっぱいで
エリザベス周辺は何とか攻撃を受けることはなく、
本当に、心底、壁役の人たちに感謝した。
御礼を言って足早に逃げ帰った。

それで今の時間は自分も壁役してる。
いつまで経っても転職できない龍で。
普段は壁役の人たちにお世話になってばっかりだから
ゲームしない間(ブログ書いてる間とか)、放置中。
壁してる人が一人しか居なかったから、少しは貢献・・・
できてるはず?

こんな感じで頑張ってるよ!
でも正直、壁役二人じゃ足りないわ・・・。

テーマ:トリックスター0(ラブ) - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。61

九郎さんの小箱3もげっと。

どこかのお邸。
まったく…昼間から寝転がって
誰かと思えば
何をぼーっとしているんだ、お前は

いきなりそう来るか!
こっちは夢に入りたてでボーっとしてるんだよ。
天然の毒吐き攻撃は効くなぁ・・・。
九郎は望美を探していたらしい。
なんでも、一緒に大倉御所へ行くためだとか。
兄上が、九郎の許嫁と話がしたいんだって。
すでに義兄気取りなのか・・・!(違
そんな順風満帆な夢の中、先生が登場。
神出鬼没な先生。
夢や幻の先生ではなく、本物の先生。
迷いは自分で断ち切るように助言してくれる先生。
がっちり夢にはまり込んでるのを助けてくれる。
ついてきなさいと言われて、ともに海辺へ。
そして九郎と先生で剣の打ち合い、と思いきや望美も一緒。
2対1で相手してくれる先生の豪胆っぷりに惚れるぜ!
一度に弟子二人を相手にするスチル。
このスチルも、神子はほとんど背景だな。
メインに九郎さん、次点で先生。
先生は二人に稽古をつけつつ、何をすべきか指し示す。
そこでようやく今までのことが夢だったと気づく九郎。
迷いの表れだったことに悲しむ。
望美は、ちゃんと夢だと気づいて自分で迷いを断ち切った
のだからと慰める。
その言葉に少しは気分が持ち直した様子の九郎。
これでは、とても
お前のことを許嫁だと言えたものではないな

軽く告げられた言葉に赤くなる望美。
「これは夢だから」って、何にも考えてないのか・・・。
天然。
思ったことをよく考えずに口に出すんだからー。
いや、だがそういう夢を見るということは…
俺は、もしかしたらお前と…

気づくの遅いよ九郎さん!
まぁ、この鈍感さも可愛いよね。
一人で色々考えてしどろもどろで赤くなる九郎。
百面相をしているさまは、きっと面白いに違いない。
…もう大丈夫だ
夢ならば覚めなければな

恥ずかしいことに気づいてテンパって元気になった感じ?
微笑ましいとはこういうことか。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。60

遂に日記も60回か・・・。

さて、朱雀コンビが終わったんで、最後は青龍コンビ。
望美神子で小箱3の回収に向かうぞー。

まずは将臣。
またしても現代。
白龍と初めて出会った、学校の渡り廊下。
京に飛ばされたことから始まり、再会したときにはお互いに
面倒な立場になってた、としみじみ振り返る二人。
真実を思い出し、一緒のクリスマスは本当は過せなかったんだと
悲しそうにつぶやく望美。
そして、制服だった二人の姿はいつの間にか京のものへ戻る。
夢の種が尽きたからだろ、と軽い口調で笑うが、
…確かにもう十分だよな
昔の気分に浸るのも

楽しい夢だったけど覚めなきゃ、と決意する望美に、
「だな」と同意してから
…にしても、クリスマスに食ったチキンやらケーキ
リアルすぎ
お前の好物ばっかだろ
夢に見るほど食いたかったんだな

えー。
将臣の夢だろーが。
きっと将臣が望美に食べさせたかったんだよ。
一緒に食べたかったんだよ。
愛されてるな!
趣味嗜好も把握されてるし。
潮時だろ
…戻れなくなる前に
戻ったほうがよさそうだ

ふーむ。
二人ですごす夢の中は、将臣でさえぐらついちゃうほどに
魅力的だってことだろうね。
ずっと一緒にいられる、平和で幸せな時間。
楽しかった分、分かれるのは辛いと考えて泣きそうな顔で
黙り込む望美に、
「この世の終わりみたいな顔してる」とふざけた言い方をして
場を和ませる。
夢で会っても、お前と過せなかった時間が
埋まるわけじゃないんだ

うわ、かっこいいよ将臣!
もう少し夢の中に居たいって言っちゃいそうだよ。
夢だって気づいてラッキーだったと言う将臣。
まぁ・・・そうなのかな?
気づかないで夢の中で遊ぶのも楽しいけどな。
何でも望めば叶う、文字通り夢の中の出来事に現を抜かしてる
暇はないんだろうけど。
ただ、気づかなければずっと夢の中に居座っちゃいそうだね。
居心地良すぎ。
ほけほけ眠ってるわけにいかないだろ
・・・・・・ほけほけ・・・って・・・。
将臣が言うとまさお語録に見える・・・。
楽しかったよありがとうと告げる望美に、「罠を仕掛けたやつに
いえよ」と笑う将臣。
北斗様ありがとうー!
夢の中とはいえ美味しい物をてんこ盛り食べたわけだし!
――行こうぜ
お互い、すでに選んだ道がある
それを進むしかねぇだろ

二人、決意を固める。
全部終わったら・・・
(また会おう)
言葉に出さず、意識が通じ合うっていいねぇ。
幼なじみというだけじゃなく、望美を愛しちゃってるのに
将臣が潔くてかっこいいわ。
これは惚れる。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。59

弁慶さんの後押しイベント。
西の東屋。

朔からもらった舞扇を落とし、泣きそうになりながら
探している望美。
それに気づいた弁慶が一緒に探し始める。
しばらく探していると、弁慶が無事に見つけてくれて、
望美は喜び礼を言う。
そんな様子に、何があったのか尋ねる詩紋と彰紋。
事情を話して納得してもらったところで、
詩紋が弁慶のことを「みんなのお兄さん」のようだと
言い始めた。
・・・・・・お兄さん?
私の中で「お兄さん」といえば、歌のお兄さんとか
体操のお兄さんなんだけど・・・・・・。
そういう爽やかな感じとは程遠いよ弁慶さん。
常にどこか黒そうだもんね!
お兄さんに見えるのかと、意外そうな弁慶。
どうやら兄弟の中では下のほうらしい。
そうなの?
面倒を見られるほうの弁慶さんというのは想像しにくい。
何か、九郎さんの面倒を見てるイメージが強いから。
あとは薬師のイメージとか。
…僕は、これでも
兄には結構迷惑をかけてるんですよ

兄に頼めば力を貸してくれると判っているからこそ、
自分で何とかしなければという決意を語る。
詩紋や彰紋は素直に感心している様子。
だが、望美はその言葉に引っかかりを覚える。
ひとりだけで頑張らず、誰かと協力する大切さを
懸命に伝える望美。
それに同意するように、また扇を無くしたときには
手伝うと申し出た詩紋と彰紋に、お断りする弁慶。
………
いいえ、それには及びませんよ
望美さんには僕がついてますから

にやにや。
さりげなく、言うね~弁慶さん!
彰紋はそれに敏感に気づき、逆に何も気づかない詩紋を
連れて退場する。
親切で言ってくれたのに、と断ったことを不思議がる望美。
うあー!この鈍感ちゃんめ!
気づけ!気づいてくれー!
弁慶は二人に敬意を払ったのだと言いつつ、
年が若いとはいえ
彼らも地の朱雀ですからね
彼らが何かの拍子に
君の心を動かさないとも限りませんから

おいおいおいおい。
つまりは地の朱雀がライバルになり得るってことか?
望美ちゃんの心を動かす可能性があることに敬意。
そして排除。
彼らの現在だけではなく、未来を見据えた戦略・・・
もとい、予防線を張ったのね。
黒軍師!

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

sparkling-Y ヽ(´∀`)ノ

某所で売り出されているsparkling-Y。
どういうものかと言えば、
日本酒+発泡
っていう発泡性の純米酒のことらしい。
スパークリング=発泡
Y=山形。
山形から発信される新しいタイプの日本酒?
山形県内の蔵元からいくつか発売しているらしい。
インターネットでも売ってるけど・・・送料がね!

気になって気になって、ようやく購入。
二種類買った。
一つは、米鶴酒造さんの、米鶴純米スパークリング。
少し茶色がかった透明な瓶に入っている。
これは甘めで飲みやすかった。
日本酒のクセがあまり感じられない、生酒っぽい味?
苦味はなくて美味しかった。
また飲みたいけど、240mlで500円か・・・。

もう一つは酒田酒造さんの、上喜元・涼夏。
ブルーな爽やかな瓶に入っている。
こっちはドライな味だった。
甘くなく、日本酒の味がしっかりあって、ちょっと苦手。
ドライな日本酒好きな人なら飲めるかも?
日本酒が苦手な人はダメかもしれない。
330mlで567円か・・・。
親は「上喜元」は好きらしいけど・・・。

私は甘いほうが好きだなー。
ちょっとアホなことしたのは、涼夏を飲む前に
金平糖を食べてしまったことだ・・・。
もうすこし甘味を感じられたかもしれない・・・。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。58

弁慶さんの小箱3の追加イベント。
東の小門。

白龍のことが心配になり、ぼんやり考え込む望美。
それに気づいた弁慶が尋ねてくる。
白龍がどうしているのか、危険な目に遭っていないか
気になるらしい。
白龍に甘いなー。
そりゃ、めっちゃ可愛いけど(違
素直で警戒心が薄いが力のすごい白龍が
狙われていないかっていうのも心配なんだって。
んー。
コミック最新刊の、将臣にいたずらされて蜂蜜プリンを
食べさせてもらい損なった白龍を思い出す。
あれは・・・素直っていうか・・・。
弁慶は白龍は大丈夫だと言う。
「龍神に害をなそうなどと企てる、神をも恐れぬ輩は
もし、居たとしても百年にひとり居るか居ないかくらい」
って言う・・・んだけど・・・。
滅多に居ないっていうことを言いたいんだと思うけど、
色々と狙われまくってるような・・・?
弁慶さんは龍脈にイタズラしたし。
荼吉尼天にイタズラされたし。
清盛だって、多分逆鱗くらいは欲しがってる。
まぁ、望美が安心するなら多くは語るまい。
早く帰って安心させてあげたいと考える望美に、
弁慶は弟を心配する姉か保護者のようだと笑う。
望美に言わせれば、保護者とは違うけど、
今までのどこか繋がってる感じがなくなって物足りない
ということらしい。
君に、そこまで気にかけてもらえるなんて
僕は、白龍がうらやましいかな

子供みたいなこと言って、と呆れつつも
顔が赤いよ望美ちゃん!
にやにやしちゃうではないか。
僕のことも同じくらい
気にかけてくれたら嬉しいんですが

望美のことを「神に好かれる性質」と感じている。
逆に自分のことは「神の目に不遜に見える」と思ってる。
神をも恐れぬなんとか、な弁慶さんだし。
しかし弁慶も八葉だと望美が気づかせると、
…そういえばそうですね
どうして僕が八葉に選ばれたんでしょう
――不思議ですね

まぁ、基本的に八葉は宝玉が選ぶんだよね?
でも宝玉も根本的には神のものなんだっけ?

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。57

ヒノエの追加イベント。
南の東屋。

……本当に、増えたよね
心底イヤそうに言うヒノエ。
まぁ、現実世界で男ばっかりの集まりはイヤだが・・・。
天界に、強引に連れてこられて、
天女に囲まれるならまだしもさ
どっちを向いても野郎ばっか
これが期待はずれじゃないならなんだっていうんだい?

夢なんだからもっといい目にあわせてくれても、と愚痴る。
そんなヒノエに、望美が自分の存在をアピール。
でも自分ひとりじゃ足りないかも、と冗談のように言う。
何で赤くなる。
私で我慢して!ってことか?
自分で言っておいて、大胆すぎると思ったんかな。
言うようになったね オレの神子姫様は
要は、照れてるその表情見るのが
オレだけだったらいいのに、ってことさ

お、珍しくヒノエの台詞に照れる望美。
だがしかし。
「他の神子を助けたら女の子が増える」と名案のように言い、
ヒノエを鼓舞する。
・・・判ってないなー。
肝心なところで判ってないよ、望美ちゃん!
まあ、そんな鈍感なところもお気に入りというか何というか。
でも色んな裏の意味を知っちゃったらそれはそれで微妙だし。
でも乗って欲しいときもあるんだよ!
……望美
ヒノエが名前を呼ぶのは珍しいかもしれない。
いつもは姫君とか神子姫とかお前とか・・・。
女の子が増えるからという意味じゃなく、ヒノエなりに
真剣に他の神子を助け出すことを考えてる、と言うが、
オレにとって大切な存在は
望美……
お前だけなんだぜ?

いつものような軽い口調のときの立ち絵ではなく、マジ告白!
望美は真っ赤になって照れるけど、ヒノエの口説き言葉は
基本的にスルー。
普段から色々と言いまくるからそうなっちゃうんだと思うが。
やっぱりしゃべりゃいいってもんじゃないんだよ!
ヒノエは「本気にしてないね?」と残念がってるみたい。
でもそれさえも軽く流してしまえるヒノエは打たれ強いな。
どこの世界に行っても
オレは同じことを言い続けるよ
だからさ、
覚悟しときなよ、望美

ああぁぁあぁああ・・・!
声付きで聴きたいわ・・・・!
声付きで名前を呼んでほしいわ・・・・・・!

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。56

ヒノエ、小箱3の後押しイベント。
未の草原。
んー、後押しなんだけど、全然後押しされてない。

蝶がひらひらと飛んでくるのを見た望美。
ヒノエが「二つ折りの恋文のようだ」と例える。
風流にも程がある!
お目当ての花のところへ飛んでいくところかな
捕まえようかと提案するヒノエに、楽しそうに
飛んでいるからと断る望美。
すぐに「楽しそう、っていうのは変かな」と気にするが、
気に入った花のもとへ通うなら気分は上々だ
オレが、お前のもとに通う時と同じでさ

こんなことを言われてるのに、スルースキル発動中で
笑ってさらっと受け流す。
まぁ、ヒノエはそうやって流しやすい軽めの口調で
会話を楽しんでるって感じだからね。
ヒノエと望美の会話を聞いていた、イサトとイノリ。
口ばっかり達者だと揶揄する。
イサトが「男は背中で語るもんだ」っていうのは、
もしかしてこの流れ、公式サイトで見たことある・・・!
背中で語るって
背中に口でもついてるのかい?

でたー!これか!
よく口が回ると悪態をつくが、ヒノエには褒め言葉かも。
ヒノエは「日頃から鍛錬してる」って言ってるよ。
嘘っぽい。かなり適当なこと言ってる感じ。
修行しなきゃ口だってうまく回らねぇさ
感心するイサト。
騙されてるよ!
単純なイサトとイノリはあっさりと丸め込まれてる。
ここはさすがと思うべきか?
望美ちゃんも「どうなの?」的な表情なのに、
ヒノエに丸め込まれた二人は気づかない。
口が達者だと得をするらしい。
いや、沈黙は金でしょ?突っ込みたいわー。
愛しい姫君にささやく言葉にも不自由しなくなるぜ
それを聞いた二人は、自分たちの神子も言われたいのか
とっても気にしている。
おやー、更にヒノエの面白いほうに転がってる。
花に水を注ぐように
姫君には、優しい言葉が必要だからさ

自信たっぷりに言い切るヒノエに感心しきりで、
手本を見せてくれとまで言い出すしまつ。
うわー、こっちを巻き込むのか。
仕方なく承諾する望美。
そして、手本と口説きを兼ねた、
――さすがはオレの姫君
とびきりの女だね

という言葉に、望美は照れるでもなく「うわ、さっそく来た」
・・・・・・色気は皆無です!
まぁ、手本を見せてるという認識だからか?

1.にっこり笑って、褒めても何も出ないと言い切ったけど
そんなことはないさ
お前の笑顔が報酬だよ、姫君

様子を観察していたイサトとイノリは、自分たちも
神子にやってみようと計画を立てはじめているようだ。

もう一方の選択肢もやってみた。
2.ヒノエくんのおかげだよ
ぼんやりしていたらついていけない、と語る望美に、
思った以上に素早い反応で驚くヒノエ。
いつの間にか望美は「ヒノエの言葉に必ず乗ることに
決めている」らしい。
普段はスルースキルなのに・・・。
ちょっと前にスルーしたばっかりなのに・・・。
「きっとすごいことをやってくれる」という手放しの褒め言葉に
逆に本気で照れるヒノエ。
…姫君、そんなにオレを喜ばせて
どうする気だい?

・・・・・・え?
どうするかって?
そんなこと聞かれたら、期待に応えてああしたりこうしたり
こうやったり・・・・・げふげふ。
返り討ちに遭って照れるヒノエを笑いつつも、
羨ましがっているイサトとイノリだった。

やっぱりどこにも「後押し」が無いみたい。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。55

弁慶さんによる、小箱3の時間です。

船の戦が始まる場面。
軍師として、部下たちに指示を出す弁慶。
岩礁地帯に平家の船団を誘い込む作戦を決行中。
こういう指示ができるのは、今まで培ってきた経験と勘が
ものを言うらしい。
随分と経験があるみたいだなぁ。
それだけ戦が多かったっていうことだ。
平家の船を座礁させて、一網打尽。
うまくいくと気持ちいいよね。
岩礁地帯に誘い込まれた平家は、弁慶の作戦通り座礁。
あまりの鮮やかな手並みに言葉も出ない望美。
そして、敵は能力的な力の差を感じたということだろうか、
本格的に叩く前に降伏してくれた。
被害はもしかして、全く無かったりするかも?
弁慶さんは鮮やかな勝利すぎて落ち着かないんだって。
まぁ、鮮やかなのは夢のせいかもしれないけど。
味方に被害が出ない、理想的な綺麗な勝ち方ってこと?
今までに無いほどの勝ち戦、というからには、この夢は
実際の出来事ではないということだけど・・・。
どういう意味でこういう夢なんだろう。
とにかく気分はいいかもしれない。
敵さえも死者が出なかったのかもしれないし。
…では、戦に勝利したところで、
そろそろ夢から覚めましょうか

弁慶さんも夢だっていうことに気づいていたらしい。
甥が判るのに自分が判らなかったらプライドが許さないとか
そういう根性論だったら楽しいなぁ・・・。
まぁ、弁慶さんは思慮深い人だから普通に気づいたのかね。
さあ、どうか手を
楽しい夢が終わる時は
せめて一緒に目覚めましょう

優雅な雰囲気で現実へ帰還。
弁慶さんは夢の中で楽しい思いをしたが、一緒に居た望美が
楽しめたのか気になっているようだ。
君には、もっと見てもらいたいんです
これまでの僕も
これからの僕も

全てが終わっても時間が残されていたら、新しい姿を
見せられるかもしれない、と、何気なく不吉な予感を与えつつ
二人のらぶらぶな未来を匂わせる。
ただ、先を知っている身としては、重い言葉だ。
では、今度は君との未来を見に行きましょう
…過去を夢に見る代わりに

弁慶さんが言うと、アダルティに聞こえる・・・。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。54

今度はヒノエの小箱3をとった。
熊野水軍の船の上かな?
また夢の扉が開いた、と言って、暢気に遊ぶ計画を
立てるヒノエ。
「同じことが三度もあれば慣れる」と言っているが・・・
慣れる以前に最初の時点から落ち着いてたしな。
ゆっくり熊野を案内してくれたし。
今回は「竜宮城まで行けるのか」を試したくなったらしい。
幻術だって判ってたんだね。
オレたちを神将としてつなぎとめておく代わり
引き替えに見せてくれるご褒美の夢ってヤツさ

幻術だって気づかなければ神職として失格だと言う。
ああ・・・ヒノエって神職なんだっけ?
全然記憶にないんだけど。
海賊の記憶ばかりだ。
神職なのに海賊?たんぞーの地位はそういえば知らないかも。
ヒノエは最初から幻術だと見破っていて、北斗星君が
どこまで願いを叶える気なのか遊んでいたらしい。
「たまには、相手の手の上で踊ってみるのもいい」って。
・・・なぜかサザエさんの、果物の間からおしりフリフリしている
光景が頭に浮かんだが・・・。謎だ・・・。

何でも願いを叶えてやる、という太っ腹なヒノエに、
夢の中で叶えてもらってもつまんない、と浮かない表情の望美。
確かに夢の中で叶えても意味は無いと同意するヒノエ。
まぁ、ヒノエとしては小箱1や2のような気楽なお願いを
希望してたのかもしれないけど。
夢の中じゃなくても望美を喜ばせることはできると豪語し、
そろそろ夢の時間は終わりだと寂しそうに告げる。
すぐに気を取り直して勢いよく幻術を破ることにしたヒノエ。
オレが幻術を破れるのは
オレが清らかだからに決まってるじゃん
どんな幻術だってこの清い手にかかれば
たちどころに破れるのさ

とても自信満々に言い切るヒノエ。
清い・・・清いね・・・。
思わず「清い」を辞書で調べたくなるが、神職なら
そうなんだろうか?
ヒノエが気合を込めると、たちどころに消える夢。
後朝よろしく
ふたりで同じ夢から覚めたのさ

き、後朝って・・・!
えろす!えろすだよヒノエ!望美は判ってないのか!
望美と二人っきりで色々遊べて満足そう。
北斗様に感謝するんだって。
やっぱり戻ってきてよかったな
どうせ手に入れるなら
夢のお前じゃなくて現実のお前がいいからね


あーあ。北斗様に記憶を抜き取られた。
でもヒノエの場合は全部夢と判った上で遊んでるんだから、
記憶を抜くには小箱の存在自体を抜く必要があるんじゃ?
って、真剣に考えてしまった。

次は弁慶さん。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。53

景時さん小箱3の追加イベント。
巳の草原。
夏の方向にあるため、とても暑いらしい。
それで夏の熊野とどちらが暑いかという話になった。
そこから楽しかった夏の思い出へ。
夏の熊野では、温泉に、花火に、・・・・・・え?
肝試し?怪談?してないから何だというんだ?
何するの?
まさかやる気?
遙かで?怪談話?
私が苦手と知ってのことか?
私がプレイしてるのは丑三つ時なんですけど・・・!
怪談なんてしなくていいよ、怖いよ寒気がするよ!
・・・そしてゲーム時間で真昼間からの怪談。
うおーっ
す、スキップ!スキップ!
でも怖い物ほど観てしまう・・・・・・!
真剣な顔で聞き入る景時。
がくがくぶるぶる。
さわり部分だけでも泣きそうだわ。
部屋の常夜灯がぶっ壊れてるから、テレビ以外真っ暗なんだ。
唯一明るいテレビで怪談・・・。
よくある怪談なんだけど・・・後ろを振り向くと・・・的な。
その話の最中に、何かが望美の手に触れる。
「景時さんじゃないし、ヒノエくんでもないし・・・あれ?」
って。
二人で硬直。
気のせいで済ませようとする望美に、景時がツッコミ。
望美は怨霊ならいつも戦ってるし、陰陽師ならよくあるんじゃ、
と余裕の笑みを浮かべ、全然怖がらない。
怪談話も、望美の場合は周囲を怖がらせて楽しむタイプか?
将臣あたりに鍛えられてる感じもするけど。
怪談も、怪談のもとになった人の思いってやつもさ
本当にあるって知ってるからこそ
……怖いんだよ

景時の、実感のこもったつぶやき。
何かあったのか?
荼吉尼天のことでも言ってるとか・・・?

景時がさっきみたいなのがまた出てきたらオレが守るから、と
かっこよく言っておいて、望美が「頼りにしてます」と言うと
返事は自信なさげ・・・。
おいおい、頑張ってくれたまいよ。
頼りにしておるぞ。
そういや、ラブ少なっ

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。52

景時さんの小箱3、追加イベント。
後押しイベント。東の東屋。
天界が綺麗だから、のんびりした気分になるね、と
のどかな発言。
ここのところ働きすぎだったことに気が付いて、
京に戻ったらお休みを貰う算段らしい。
小箱で荼吉尼天を見たっていうのに勇気ある発言。
何にもせずのんびり過したいんだそうだ。
望美が「それを命の洗濯」というんだと教えてあげた。
あ、私、命の洗濯の意味を間違ってたっぽい。
寿命が延びるくらい、のんびり楽しむことか。
景時さんはテンション上がってたな。
きっと「洗濯」という言葉に反応したんだろう。
大好きな言葉に違いない。
休みをもらえたら一緒に遊びに行こうというお誘いに、
言葉を聞いた翡翠と友雅が「色気がない」と一刀両断。
うは、この二人にへなちょこ景時さんが勝てるはずもない。
指導を受けるのさえ酷ってもんだよ!
おとなしく私たちの助言を聞きたまえ
まさか否やはあるまいね

更に友雅さんは
はなやかな
花の宴の果てた後
艶なおぼろ月夜に

と和歌を詠んでみるのがいいらしい。
翡翠さんは、宇治川に小舟を出して二人きりになったら
ささやきかけるのがいいらしい。
景時は遠回しに無理というか不可能!と告げるが
とりあってもらえない。
そんな中、友雅と翡翠の意見の相違による闘いが
ここに始まった・・・!
小舟なんて逃げ道塞いで弱みにつけこむのか、とか。
宴の席のチャラい約束よりはマシだろ、的な。
性急過ぎ。
古すぎ。
景時は戸惑っている!(ドラクエ風にどうぞ)
雲行きが怪しくなってきた、とつぶやいたら、不幸にも
矛先がこちらに向いてしまった。
どちらがいいのか答えろ、とな。
・・・どっちも微妙なんですが?
竜虎相搏つってこんな感じ?ととぼけて望美と逃走。
愛の逃避行には程遠いな。
敵前逃亡。


後押しじゃない追加イベントはどこだ・・・。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。51

小箱3の譲、追加イベント。
西の小門。
譲に先祖と会話した気分を聞く望美。
自分のルーツに向き合うのが不思議な感じらしい。
そうか、言われてみれば確かにルーツか。
先祖だもんね。
姫と呼ばれる上流貴族なのに、仕えることに
喜びを感じるというのも不思議な感じだよ!
藤姫と紫姫は、別時代の神子でも敬ってくれるし。
神子様大好きなんだね。
彼女たちは星の一族の力で占いをしてるのだから
譲にも何か力があるんじゃないかと、無邪気に、
むしろわくわくした調子で尋ねる望美と対照的に
譲はどこか浮かない様子。
オカルト話に興味ないって・・・え?そういう流れ?
術とか使いまくって、オカルト代表格の存在である
怨霊を倒しまくってるっていうのに・・・オカルト?
もし、本当に俺にそんな力があるとしたら…
――俺の見ている夢は…

昔から繰り返し見ている夢のことを考えれば、
力などないと否定したくなる気持ちも判るが。
夢の内容を変えることもできるかもしれないと
明るく答える譲。
譲だけが危険な目に遭うのはダメだと言う望美に、
肯定の返事をしつつ、決意は固いのかもしれない。
どうしても他の方法が見つからなければ
盾になろうと考えてるんだろう。
星の一族が八葉の一人になったことを、
藤姫たちは驚きつつも羨ましがったらしい。
神子を全力でサポートしたいんだろうなぁ。
姫たちは可愛いけど守ってもらうのは抵抗があるし
これはそもそも周りの男に守ってもらうげーm(ry
先祖が果たせなかった八葉になるという夢を
叶えた譲。
ご先祖孝行だね、と笑う望美。
俺の力で先輩を守ることができれば、きっと…
よくやったと…
喜んでくれると思います

誰が喜ぶかー!
でもどちらかが死ぬとしたら、仕方ないと言うの?
この後ろ向きめー。

後押しイベント。寅の花園。
桃の花びらが舞い散るさまを見ながら。
髪に付いた花びらを取って欲しいと譲にお願いする
無邪気な望美。
自分がやらなくても自然に取れるとやんわり断ったら
面倒くさいの?としょんぼり返された。
そんな風に言われたら取ってあげるしかないじゃん!
譲は「人の気も知らないで」と仕方無さそうに笑って
取ってあげた。
何だよこのラブい流れ!
ムダに甘いじゃないの。
それを見ていた鷹通と幸鷹。
初々しいとか微笑ましいとか、温かく見守ってるけど
どこか年寄りくさいわ・・・。
筒井つの井筒にかけし
まろがたけ過ぎにけらしな
妹見ざるまに――

うぬ・・・筒井筒ですかい。ラブいって言ってるのか?
温かく見守る鷹通と幸鷹の声に、気づくのが遅れたと
謝罪する譲に、むしろ邪魔したのはこちらだからと
お年寄り風な二人。
幸鷹
――桃の夭夭(ようよう)たる
灼灼(しゃくしゃく)たる其の華

鷹通
この子ここに帰(とつ)がば
その室家(しっか)と宜しからん

二人の前途を祝福する、詩経の詩らしい。
・・・何か幸せな婚姻の話・・・?え・・・。
どうか末永くお幸せに、とまで言われちゃって・・・。
いまいち理解してないのか、あっけに取られてるのか
思考がフリーズしちゃってるのか、きょとんとしてる。
そんな二人に追撃。
もう、後押しどころか追撃だよ!
互いに思いを寄せていることが判る、とな。
流石に照れるって。
二人で照れまくって、
「私より先に照れないで」
「先輩こそ年上なんだから先に照れないで」
「こんな時だけ年下ぶってずるい」
・・・・あー。なに。痴話げんか?
こんな様子も鷹通と幸鷹は温かく見守ってるし。
・・・・・・恥ずかしすぎる。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

チョコミントオレヽ(´∀`)ノ

何だかやばそうな飲み物を発見。

チョコミントオレ

きっとチョコミント好きな人が開発を頑張ったんだと思う!
・・・ものすごくどうするべきか迷ったんだけど、
買ってみた!
しばらく冷蔵庫で放置した。
買っておいてなんだけど、飲むのに勇気がいる飲み物。
アイスは好き。
でもさー・・・って躊躇してた。

・・・勇気を出して、飲んでみたんだ。
青汁並の勇気。
意外に美味いよ!
どうしよう。意外すぎる。
チョコっていうよりココア味。
まぁ、ココアドリンクとチョコドリンクの区別つかないけど。
ゴクゴク飲んだ!
ミントは香りというより味。
チョコミントアイスをそのままドリンクにしたような味。

この勢いに乗って小枝のチョコミントに手を出してみた。
まず・・・っ
なんじゃこれ。
チョコミント味で不味いと感じたのは初めてだ。
まだいっぱいあるんだけど・・・頑張るしかないか・・・。

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。50

50回目にもなって、クリアがまだまだか・・・。
今回は景時さん小箱3イベント。

海辺で、どこか真剣な顔をした景時。
どうやら陰陽術に使う銃を海に捨てていたらしい。
今度こそ終わる、と考えて若干心が軽くなった、
そんなときに政子様がご登場。
久しぶり荼吉尼天。
夢を見ることは許すが裏切りは許さないと告げると
傍らにいた望美の力を奪い取ろうと襲い掛かってきた。
「武器がなければ何もできないでしょう」と微笑んで。
景時は覚悟を決め、またしても銃を手にする。
そしてそのまま荼吉尼天目がけて撃ち放った。
意外や意外、逆らった景時に激怒するかと思いきや、
景時の本気の様を楽しんでいるようだ。
オレにも、どうしても守りたいものがあるんです
荼吉尼天は「ここは景時の夢の中で分が悪い、
続きは夢の後で」と告げると去っていった。
やっぱり夢の中なら無限の力が出るのかな?
でも景時さんの苦手意識から、荼吉尼天もかなりの
パワーアップ・・・は無理か。イメージじゃなく本物だし。

助けてくれたことに礼を言う望美。
だが、手放した銃を三度手にすることになってしまい
落ち込んでいる景時。
オレはまだ、この銃を手放すことは
できないみたいだね…

自嘲気味に呟くが、気を取り直して望美になにやら
筒状のものを渡す。
これを作ってるときは楽しかったけど、甘い夢だったかなと
またしても落ち込んでいる。
望美は平和な日々を頑張って本当のことにしようと励ます。
大切な人と一緒に、ただ穏やかに暮らしたいよ
それが夢なんだ、と恥ずかしそうに告白する。
んー、これだけじゃ朔のことしか脳裏に浮かばないよ!
望美ちゃんは全然自分を勘定に入れてないよ!
もっと積極的・直接的な言動じゃないと気づかないよ!
景時に夜になったら一緒に発明品を試そうと誘われ、
承諾したところで現実へ。
発明品が消えていることにがっかりする望美。
景時はまたいくらでも作ってあげるから、その前にここから
出ようと慰める。

この発明品は竹筒だろうか。
微妙に水羊羹でも出てきそうな見た目だったが・・・。
もしかして花火かな。
竹筒じゃ丸い花火は出な・・・陰陽術だから大丈夫か?

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。49

ゆずるんの小箱3イベント。
またしても、滝の場面。
どうやら望美が涼みたいというリクエストで
有川兄弟と来た、ということらしい。
望美が将臣に続いて滝の下に行こうとしたとき、
譲の予知夢スキルが発動した!
危うく滝から転落する望美を、間一髪で抱き止め
救出成功。
抱きしめられた恰好の望美は真っ赤になってる。
流石のにぶにぶでも意識するのか。
にやにやした。
「ナイスタイミング」と笑う将臣に、譲は浮かない顔。
判っていたことだから、と告白する。
将臣が疑問に感じたところに、いきなり岩が落下。
とっさに望美を庇う譲。
何とか望美は助かるが、譲は岩に挟まれてしまう。
(「犠牲」スチル)
岩って・・・某遙か4のキャラみたいだよね。
岩をどかすために人手を集めてくると言い残して
足早に去っていく将臣。
望美を星の一族の力で助けた因果を譲が受けた
っていうことだろうなぁ。
譲が怪我をしたのは自分のせいだと泣く望美。
いいんですよ
あなたさえ守れれば、俺はどうなっても…

俺はいいんです
あなたが幸せでさえいてくれたら…

苦しそうな譲に、
もう二度と自分を犠牲にしないと約束するよう
泣いて迫る望美。
譲は二度と泣かせるようなことはしないと約束する。
ここで、現実へ。
夢でよかった、無事に一緒に帰ろうと笑う。
約束します
あなたを助けて、自分も助かる――
あなたと…俺にとって
本来に一番いい方法を探してみせます
そのために、俺は強くなります


兄へのコンプレックスから自己犠牲の精神だったが
譲が倒れたら望美が悲しんでくれるって判って
良かったんじゃないかな。
これで譲も強くなった。

だから、「からみいつこうりん」を作ってくれ!(ぇ

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。48

あっつんの追加イベントを書くの忘れてた・・・!
小箱3後のあっつんイベント。

西の東屋。
敦盛がまた、仲間たちから少し遅れているのを
心配した望美。
北斗星君の誘惑だって断ったくらい強い人だから、
発作の暴走だって抑えられると励ます。
神子のために、そうありたいと念じる敦盛。
もうすぐ休憩だから、そこまで頑張りましょうと
気遣う望美に対し、自分は疲れをあまり感じないが
神子には必要だろうと逆に気にかける。
神子は心が強い
そして、疲れを感じぬほど気を張り詰めている
だが…神子は女人だ
自分では感じずとも体は疲弊しているはずだ

きっと、将臣殿も知っているだろう
神子は…とても美しい

あわわわ・・・!
うあああぁぁ・・・!!
いきなりそんなことを言われちゃ焦りますって。
でも何で照れてるのか判らないあっつん、萌え~。
真面目な顔で言ってたしなぁ。
なんたる天然!
賛辞しかないし・・・!

あっつん後押しイベント。南の小門。
敦盛に、皆と一緒に休もうと誘うが断られてしまう。
それを見ていた永泉と泉水がなにやら気にし始めて
「二人で笛を吹いて心をほぐしてみよう」という話に。
う~む。可愛いな。可愛いね。
普段は笛の実力を「拙い」などと卑下しているわりに
笛の力で解決できると思うところが可愛いな!
ぴよりろりん(合奏)
「お二人のために笛を奏でたのですが
いかがだったでしょうか?」
こんな綺麗な場所なら笛も吹きたくなると言って
笑う望美を見た敦盛は

――わりなくも
寝てもさめても恋しきか
心をいづちやらば忘れん

(どうして寝ているときも起きているときも恋しいのだろう、
 どこに心を向けたら忘れられるのか)

愛だね!愛なんだよ!
望美は和歌の意味を聞くが、ふと浮かんだだけだと
はぐらかす敦盛。
永泉と泉水は、思いがあるから歌が浮かぶのだと押す。
「思いを言の葉にするのも重要だ」と押すのだが、
それでもまだ迷うそぶりを見せる敦盛。
望美は敦盛の好きな和歌を教えて欲しいと言って
敦盛と共に去っていったが、さっきの和歌の意味を
根掘り葉掘り聞くつもりだろーか・・・。
聞け!聞いてしまえ!
まぁ・・・言わないだろうけど。
あっつんに脅しをかけるのも気が引けるし。
「○○に聞いちゃいますよ!」みたいな。
朔には聞けるかもしれないけど、他の男共にはな・・・。


他の人の小箱も頑張る!

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。47

次は望美神子の小箱3の白虎に行こうかと思ったんだけど、
追加イベントがあることをすっかり忘れていた。

北の東屋。
小箱3の先生の追加イベント。
仲間が増えてにぎやかになったと喜ぶ望美。
見た目や性格を比べたりして楽しそう。
他の時代の八葉と仲良くなれたから、次は
他の時代の神子と仲良くなりたいなーとか。
先生は「目標を持つのは良いことだ」って言うけど・・・
小学生相手のようだよ・・・。
望美は、天界で頑張って元の世界に帰るのが
目標だと掲げた。
しかし「夢」のことは全部忘れてしまうのだろうかと
戸惑い、寂しがる。
現で出会っていない者のことを忘れるのは、道理だ
…だが、目覚めてみないとわからぬのも、また事実だ

先生が慰めてくれてるよ・・・!
やっぱり保護者みたいだけど・・・。

いつかどこかで偶然出会えたら、
きっと懐かしさを感じる…そんな気がする

南の東屋。
先生の後押しイベント。
八葉たちが怨霊と戦うのを見て、ここに剣があれば
修行になるのにと悔しがる望美。
そんな彼女を先生は剣だけが修行ではないと戒める。
先生がどのように修行してきたのか聞く望美に、
自然から学んだことがほとんどだと答える。
一人で寂しかったんじゃないかと呟く望美に対し、
自分に近づくなと警告する先生。
これは、心に近づくなってことか?
理由を尋ねても「…答えられない」だし。
遙か3無印の恋愛イベントに似てるね。
そこに泰明&泰継が堂々の登場。
お前の問いに答えることは、お前の運命を乱す
リズヴァーンはそれを恐れている

望美を遠ざけようとする先生を、追いかける決意をした。
その決断に問題はないと判断する陰陽師コンビ。
・・・これは笑うところか?
笑っていいのか?
っていうか、お下品に吹き出して笑ったけど。
陰陽師コンビは、
先生の気は読みづらいとしながらも、それはつまり
可能性が残されていることを示しているのだからと言い、
龍神の神子の「進む力」を信じろと励ます。
うむー。
やっぱり昔の先生とのイベントに似てる。
まぁ・・・先生は逆鱗で動き回る人だからねぇ。
そういう流れは嫌いではないが、同じはちょっと。
また神子に死相が出てるのかね。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。46

小箱の3つ目、前回はあっつん、今度は先生。
先生って何もかも知ってる感じだよね~。

小箱を開けると、そこは真っ白で何も無い。
望美はパニックになるが、先生の一言で落ち着き、
改めて周囲を見つめるとそこは天界のまま。
そして目の前には先生。
もはや、私が教えることはない
と言って先生は去っていくのだが・・・。
全く先生の考えが判らない。
私は天界や先生さえ幻かと思っちゃったよ。
前の小箱でも、天界で優雅にティータイムしたし。

ちゃんと先生のことを知りたいと望み、
その望美の心が楽園の幻を生み出す。
おー!何か幻想的なスチル?
花びらが舞ってる・・・真紅のバラじゃなくてよかった。
ちょっと耽美っぽくなっちゃうし(ぉ

――お前の心が この夢を生んだのか?

お前は、お前の道を進まなければならない
その心の示すままに


先生と居たいがために、夢を生み出した望美。
夢から覚めたら、先生は居なくなってしまうから。
その悲しみを避けたかった。
お前の選択を守るために、私は在る
結局は望美に押し切られるように、受け入れる。
望美を守るためなら望美の選択なんて切るのに、
なんとしても命を守る決意を固めたということ?

夢の帰り路に供が必要ならば――
共に行こう


おお、帰りますともさ!
一緒に帰るってことはラブラブエンディングって
ことですよ先生♪
・・・ラブラブエンディングを要求してるの?
もしかしてそうなの、先生?!

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

夢浮橋プレイ。45

望美神子で、小箱3つ目を集めることにした。

最初はあっつん。
おや、またもや平家の陣か。
早くも悲しい音楽が流れているのだが・・・。
神子に頼みがあるという敦盛。
――この幻を消してほしい
過ぎた年月を戻すことなどできない
鎖の重みは重ねた罪の重みだ
…忘れることはできない

これがただの夢だとしても、敦盛の大切な想いだから
本当に消していいのか悩む望美。
敦盛はこの夢を「執着」だという。
夢であり、望みであり、後悔であり、執着だってことか?
何かを選べば選ばなかったほうを思い、後悔するけど、
でもきっとあっつんは何度も同じ選択をするんだろうなぁ。
意志の強い人だし。
敦盛は執着を全て消してほしいと願う。
その決断を経正さんが優しく称える。
優しいお兄さんだ・・・っていうか、若干過保護?
兄というより自分の子供を見ているような・・・。
敦盛は兄に後押しされ、神子に舞を舞ってほしいとか。
舞えば夢は終わりになる、って・・・何で!
夢だから意味不明なのは普通のことか?
望美の舞。兄との合奏。(小箱1と同じスチル)
最後になる合奏。
色々な想いがあったに違いない。
いやー、やっぱりいい音楽だね。
しばらくそのまま聴いてたよ。
そして、兄に見送られて現実へ帰還。

綺麗な舞だった
前よりも…ずっと
夢の終わりを告げる舞なのに…
…きっと、あなたが舞ったからだろう
あなたが、清らかで穢れない存在だから


天然でタラシ!
・・・タラシ属性は熊野組か・・・。
あっつんは、小箱の夢を見せた根本を断ちに行こうと
決意も新たに宣言した。
カッコイイね!
あ、原因が北斗様だってばれたから、記憶を抜かれた。
神様だからって偉そうに~。


時間が無くてあっつんしか出来なかった。
次は先生だー。

テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コイン入手に飽きたよ。@とりっくすたー

毎日毎日、キャラチェンジのたびにゲーム再起動。
面倒くさい。
キャラ三人分が10分程度で終わるところを、
ゲーム再起動分が手間になってる。
あんまり人が接続していないと思われる時間帯、
朝にちょっくらやってみた。
・・・一度だけ成功した。
まさか・・・ホントに・・・サーバーの問題?
本気で?
弱小サーバーか
使えない


アクティブモンが居るフィールドは毎回必死。
そりゃ、レベル一桁のキャラも使うもんだから。
だから壁放置してくれる高レベルプレイヤーが
とっても嬉しい。
たまに、放置の人たちしか居ないときになると
御礼の言葉を言い捨てていくこともある。
・・・言葉が悪いか。
でもなー、お礼を言ってすぐに走り去るんで・・・w
すぐそばに処断者キャノンシェルが出たときは
パニックどころの騒ぎじゃなかったが。
そのかわり敵を排除できるキャラを使ってるときは
壁の人たちに群がるモンを排除してる。
お礼代わり。

放置者のお陰で低レベルプレイヤーの
コイン集めが成り立っているのだよ。
PKが無いゲームってマッタリしてていいね。
協力プレイ(殆ど寄生?)ばんざい。

テーマ:トリックスター0(ラブ) - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

最近の記事

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

カテゴリの上部の数記事だけが稼働中。

リヴリーアイランド。

Myリヴリーのレナータです♪

クロメとレナータとミズカミノオロチの三匹を飼ってます。 『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。 リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

かうんた。

にゃんこっ

黒にゃんこ。

月別アーカイブ

ブログ内検索